幅広い活用法が魅力!心理学の特徴と学び方について

そもそも心理学ってどんな学問?

心理学と聞くと、何やら難しそうな感じがしますよね。人間の行動に関する科学と呼ばれることがありますが、人間とはどのようなものなのかを追求するための学問と言うことができます。心理学を学びたいと考えている方は、大学に進んで心理学科を専攻すると詳しく学ぶことができます。心理学科は文系に扱われていますので、受験に必要になるのは主に文系の科目ということになります。ただ、心理を学び始めると分かりますが、心理学は科学的思考が必要になりますのでその点を留意しておきましょう。

心理学を学ぶ方法の選び方は?

心理学を学ぶには、短期大学や大学に通うこと以外にも方法があります。大学に通うのが難しい方は、通信制講座で学ぶのもお勧めです。心理学を学ぶ手段は、自分が目指している資格または職業を考慮して選ぶのがお勧めです。短期大学で学ぶ場合、主に基礎的な知識を習得することを目的にしていますが、4年制大学に編入してより詳しく勉強することも可能です。大学に設置されている学部で学ぶ際は、学部によって専攻科目が始まる年次が異なりますので、専攻科目が決定する時期をチェックしましょう。通信講座を選ぶ場合には、きちんと学ぼうという確固たる意志がないと長続きしないことがあるので、目的意識を持つことが重要です。

民間の通信講座で学ぶ時には

学校に行けなくても、民間の通信講座を使って心理学に関する知識を学ぶことができますが、具体的にどんな内容の講座があるかご存知でしょうか。例を挙げると、産業カウンセラーになりたいと希望する人は、初めのステップで初級産業カウンセラー試験というものがありますので、その受験資格を取るための講座が開講されています。こうした講座では、カウンセリングの概論や技法、理論や事例の検討などを総合的に学ぶことができます。他にも精神保健福祉士やメンタルケアー心理士のように、心理学を勉強できる通信講座が沢山あります。どんなスキルを身に付けたいかを明確にして、最適な講座を受けると良いでしょう。

心理学の大学を卒業後、大学院へ進み臨床心理士の資格を取得する人が増えています。実務経験を積み、心理カウンセラーとして働く道があります。