弁護士の業務内容は!?意外と広い弁護士の活動領域

一般に知られているのは訴訟活動を行うこと

弁護士と聞いて皆さんがイメージするのは、訴訟において弁護活動を行うことではないでしょうか。それも弁護士の主戦場のうちの一つです。ただし、実際に弁護士が行っている活動はそれに限られません。司法試験に合格すると他の法律資格を必要とする業務も行うことができるので、弁護士とそれらを兼務している方もいます。その代表的なのが税理士業務です。税務に関しても、法的観点からのアドバイスをすることがも求められます。そして、訴訟に発展するケースもあるので、両方の業務を扱うことは利点が大きいのです。

企業内の法務部で活躍する弁護士

また、独立して自分の名前で活動するのではなく、会社の法務部で業務を行う弁護士も増えています。従来であれば、法務部で重要な問題を扱う場合は、顧問弁護士に相談して対処するというのが一般的でした。しかしこの手法では、顧問弁護士に業務についての説明を行わなければならないなど、機動的な対応が取れないケースも少なくなかったのです。そこで、近年は企業内に弁護士資格を持った者を配置して、法的トラブルに機動的に対処をとれるような仕組みを構築している会社は増えています。

今後はより専門家が進む弁護士業界

法律と言っても分野は広いです。例えば、刑事法と民事法は必要となるスキル、知識が異なります。そのため近年では、弁護士も特定の分野に特化する傾向が見受けられます。このような弁護士の強みは、それぞれの領域について細かな知識と十分な経験を持っているため、依頼者の信頼を得やすいということでしょう。特に最近は司法試験の合格者数が増えた関係で、依頼者を獲得する競争が激しくなることが予想されます。したがって、このような専門分野化も加速していくでしょう。

鹿児島の弁護士は豊富な経験を実績と経験を活かして、法的なトラブルにも迅速に対応が可能になっています。