ゲームの専門学校を選ぶときの3つのポイント

家からどのくらいの場所にあるか

学校の内容も大切ですが、毎日通うので家からあまり遠い場所にある学校を選んでしまうと毎日通うのが大変です。また予習や復習の時間をとらないといけないので、毎日の通学時間がいっぱいかかると非常にもったいないです。なので毎日の勉強をしっかりするために通学時間は1時間以内に抑えてその分自習に抑えることで自分の実力を付けていくことができます。あとは誘惑に負けそうな人は繁華街にある専門学校では遊んでしまうので周りに何も無いところを選ぶなど工夫しましょう。

在校生の製作作品の確認

在校生の作った作品や卒業生の作った作品を見ることで、おおよそどのぐらいの実力が中でつくか、どのぐらいの意識の学生が通っているかを確認することができます。良い作品を作っていると中で実力がつくカリキュラムの一方で厳しいことが予想されますし、それは自分のカラーにあったところへ行くのがよいでしょう。また作品を確認することでどのタイプのゲーム開発に力を入れているかを知ることができるので、自分のやりたいことと一致するかを調べておくと良いです。

卒業生の進路はどこか

中でどんなことを学べるかは重要なのはいうまでも無いですが、培ったものを生かすために卒業後にどのような進路をとっているかを調べることが重要です。例えばゲームとはまったく関係ない進路を取っている学生が多かったり、入学者数に対して卒業者数が少ない、すなわち途中対額の学生が多い専門学校は要注意です。もっといえば家庭用ゲームやソーシャルゲームなど卒業生の進路に特色があるならば自分の行きたい進路に強い学校を選ぶのが良いです。

テレビゲームが好きな場合はゲームの専門学校に通って学ぶことで、プログラムを身につけることで制作現場に入ることが出来ます。