本当に0円なの?FX会社の手数料のカラクリ

手数料0円はFXの会社選びの決め手になる?

近年、円安が進んだことで再びFXに注目が集まるようになってきました。「ちょっとやってみようかな」とFXに手を出そうとする人もいると思いますが、このような人たちが必ず直面するのがFX会社をどこにするのかという問題です。その判断材料として真っ先に思いつくのが、「手数料がいくらなのか」ということでしょう。しかし、いざFX会社のチラシやサイトを見てみると、どの会社も「手数料0円」を謳っており、結局手数料ではFX会社を選ぶことができないということになってしまいます。

手数料0円で本当にFX会社は儲かっているの?

ここで、「でも手数料を0円にしたらFX会社は儲からないんじゃない?」と疑問に思う人もいることでしょう。確かに手数料が0円になるとFX会社は儲からなくなりますが、実は別の所で手数料に代わる料金を利用者から徴収しています。それがスプレッドです。スプレッドとは、ある貨幣ペアにおける買値と売値の差のことです。例えば、1ドル120円の時に買い、全く同じ120円で売ったとしても、スプレッドの分だけコストがかかります。このスプレッドが、手数料を0円にしているFX会社における実質的な手数料になるのです。

スプレッドを差し引いた分がFXの利益

ここで賢明な方は気付かれると思いますが、FXで儲けを出すためにはスプレッド分プラスαの利益をとる必要があります。5銭の利益が取れたとしても、10銭のスプレッドがかかるのであれば実質的な収支はマイナスです。FX初心者にとって、このスプレッドの幅が大きなハードルとしてのしかかります。より値動きの良い貨幣ペアで利益を増やせば良いと思うかもしれませんが、値動きが不安定な貨幣ペアほどスプレッドは広く設定される傾向にあるため、そう簡単にはいきません。FX会社を選ぶ際は、このスプレッドの幅も考慮に入れて選定する必要があります。

1ドルが110円の時に10ドル買い、120円の時に売ったとすると差の10円×10=100円が儲かります。このように2国間の通貨を売買することで利益を得るのがFXです。