何故数倍の取引ができるの?信用取引のレバレッジについて考えてみる

レバレッジは信用取引の大きな利点

信用取引は現物取引よりもハイリスクですが、ハイリターンも期待できる取引として人気があります。この信用取引におけるハイリスク・ハイリターンの源泉が、委託証拠金の数倍の取引ができるというレバレッジにあります。レバレッジ効果で資金の数倍の株運用が可能になるのが信用取引における大きな利点の一つと言えます。そもそも信用でお金もしくは株そのものを借りて資金を倍化するのが信用取引の本質であるため、レバレッジが信用取引に備わっているのは当然であると言えます。

何故委託証拠金だけで信用取引ができるのか?

しかし、それでも信用取引に対して釈然としない人もいることでしょう。そもそも何故委託証拠金を差し入れて簡単な審査を受けただけで、より多くの株を売買できるようになるのでしょうか。それは、株取引で出た損失を委託証拠金で支払って貸し付けた元本を無傷で返済してくれるのなら、証券会社としては手数料や金利などで儲けることができるためです。つまり信用取引とは、株取引の利便性を向上させたい投資家側と、投資家への手数料などにより収益を上げたい証券会社の思惑が合致した取引であると言えます。

どうしてもレバレッジを危なく感じてしまう投資家には

やはり投資家の中には、信用取引の本質が借金であって堅実な取引には見えないという人も多くいます。「絶対に信用取引はしない!」と心に誓って株取引をするのも一つのスタンスですが、信用取引には現物取引ではできないような「売りからのスタート」ができるため、株取引の幅を広げて利益を出すチャンスを増加させるためには必要です。どうしても信用取引が危ないと思う投資家はレバレッジを1倍、即ち株を売買するために必要な資金と同額の委託証拠金で行えば、現物取引と全く同じ様相にすることができます。レバレッジ効果は失われますが、それ以外の信用取引のメリットは享受することができます。

信用取引を行うためには、まず証券会社に申請をして書類などを提出し信用してもらえるかどうかを決めてもらう必要があります。