ファイナンシャルプランナーに相談できることできないこと

ファイナンシャルプランナーに相談できること

ファイナンシャルプランナーの認知度も上がってきたと言われてはいますが、どんな仕事をしているのか、どんな相談に乗ってくれるのかを正確に理解している人はまだまだ少ないかもしれません。ファイナンシャルプランナーに相談するのが向いていることは、お金に関するライフプランの設計のサポートです。生涯のお金の流れを俯瞰して診断をしてもらい、夢を実現するサポートをしてくれることでしょう。具体的には、投資や保険、税金、そして住宅ローンや社会保険に関する相談をすることができるでしょう。

ファイナンシャルプランナーができる限界とは

ファイナンシャルプランナーは、投資や保険、税金に関する相談に乗ってくれますが、仕事の範囲には限界もあります。例えば、税金に関して、税理士法により税理士の独占業務となっている確定申告書の作成や具体的な税務相談はファイナンシャルプランナー資格だけでは対応できないことになっています。また、投資や保険に関しても、必要な登録手続きをしていない場合には、具体的な銘柄や投資タイミングのアドバイス、保険募集行為をしてもらうことは期待できないでしょう。

こんなファイナンシャルプランナーを選ぶといい

ファイナンシャルプランナー資格だけでは対応できない相談範囲がありますが、ファイナンシャルプランナーに相談しても意味がないと考える必要はありません。要は、税理士や弁護士などとのネットワークをしっかり確保しているファイナンシャルプランナーを探せばいいのです。そうすれば、そのファイナンシャルプランナーがワンストップ窓口となって様々な相談に乗ってくれるでしょう。必要な部分については、ファイナンシャルプランナーが他の専門家と連携して解決してくれるはずです。

cfpを受験するためにはafp資格が必要で、教育・試験・経験・倫理の4つの試験をクリアーすることが必要です。