現金よりもクレジットカードで支払いをした方が得な理由3選

買い物をするたびにポイントが貯まる

クレジットカードは買い物をしていくたびにポイントが貯まり、それを使えるという性質があります。すぐに使えるものもあれば、一定金額に達しないと使えないものもあり、ポイントの使い方はそれぞれですが、お金が増えるということに等しいので、頻度は低くても、クレジットカードで買い物をしていくと少しずつお金が増えていく。そういう非常に嬉しい経験ができるわけです。積極的に支払いをクレジットカードにすると、結構ポイント貯まっていきそうですよね。

駐車料金がお得になる可能性もある

車をよく使う人は駐車場に車をとめる機会も多いと思います。クレジットカードの会社によっては、その駐車所での駐車が一定時間無料になるなどのサービスがあるのです。駐車場があらかじめ指定している会社のクレジットカードを持っていることが条件です。車を運転する機会の多い人はよく利用する駐車場があれば、そこが指定しているクレジットカードの会社はないか?調べてみましょう。あれば、そこで作ってみると今後利用料金がお得になりますね。

公共料金の手数料がとられない

公共料金って、銀行口座の振り替えで支払っている人も多いです。ただ、実は公共料金の種類によっては、手数料が取られている可能性があります。手数料ですから、そんな大きな金額ではないものの、公共料金は毎月絶対に払うものですから、どんどん手数料分が積み重なると、結構大きな金額になることもあります。そこでクレジットカードで支払うと、この手数料がかからないのです。浮いた手数料分で、何か欲しいものを買うとかもできますから、わずかな金額であっても、クレジットカード払いの方が得になります。

決済代行とは、クレジットカードや、携帯の支払い決済など、色々な種類の決済を、一括で行うもののことです。